Microsoft Office Specialist

現代社会において必須となったオフィス資格

多くの企業で使われているMicrosoft OfficeのWordやExcelは、業務の効率化のために欠かせないOAソフトです。WordやExcelを扱える技能は、自動車運転免許のように社会人必須のスキルとなっています。

就職・転職・昇格などの場面でOfficeスキルの有無が問われ、選考結果にも少なからず影響があります。高いパソコンスキルがあると評価されれば、即戦力として企業では期待されます。その高いパソコンスキルを証明する資格の一つがMOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)。

ビジネスに必須のスキルとして注目され、2003年以降多くの人が受験しています。MOSは、以前MOUS(Microsoft Office User Specialist)と呼ばれていたものが2003年に改称されたものです。また、MCASとMOSという2種類の資格がありましたが、2010年にMOSに統合されました。

MOSにはそれぞれ「スペシャリスト」と「エキスパート」があり、規定の4つの試験に合格した人には、Microsoftオフィススペシャリストマスターの称号が贈られ、Microsoft Officeのアプリケーションソフトにおける総合的なスキルを証明する認定証が発行されます。

MOS認定証

採用したくなる資格ランキング

大手インターネットポータルサイトgooが就職希望者がもっていたら採用したくなる資格についてのアンケートを行ったところ
1位「パソコンに関連する資格」
2位「英語に関する資格」となりました。

一方、就職面接で自分を好印象にアピールできると思う資格では
1位「英語」
2位「パソコン」となっています。

採用者、応募者ともにパソコンに関する資格に注目していることがわかります。職場でおなじみのMicrosoft Officeに関する資格なら、その注目度はもっと高くなることでしょう。

パソコンに関する資格・講座

企業が求める資格・能力

では、実際に企業はどのような人材を求めているのでしょうか?ちょっと古くなりますが、2004年7月 三菱総合研究所が「企業が若年者に対して求める能力要件に関する研究事業」として調査した結果、大学卒業者に求める情報処理資格で、1・2・5位にMOS資格がランキングされました。

最近の調査結果はありませんが、上記の調査後、よりオフィスのIT化が進み、業務効率もより重視されていますので、MOSの需要はさらに高まっていると推測されます。

企業が大学卒業者に求める情報処理資格

資格・学びへの投資意欲が高まっています

以上のような調査結果から、就職・転職においてMOSの資格の重要性が分かります。この重要性に気づいた人からMOSを次々に受験し、2015年1月現在、日本国内で累計350万人を超える人が受験した人気資格となっています。

次の調査は、リーマンショック直後の2008年11月に「何にお金をかける?」という消費意欲を調査したものです。消費全般に対する意欲は低い結果になりましたが、ジャンル別にみると資格・スキルアップ、習い事にはかける・これまでと同じと回答した人が多くなっていました。

自分をレベルアップするものにはお金を惜しみたくない、という心理が見えてきます。

消費全般意欲

資格合格にスクールは必要か?

MOSの受験勉強は一般出版物などによる独学や通信教育でも可能です。しかし、自分でよい教材を選ぶのは容易ではありません。専門用語が多いパソコン資格では、用語がわからずせっかく購入した教材も理解できずに無駄になったり、挫折につながったりすることもあります。

分からないストレスと問題解決に要する時間、合格するまでの複数回の受験の受験料などを考えれば、スクールに通う意義が見えてくることでしょう。キュリオステーションでは、経験豊富なインストラクターが責任をもって指導に当たります。オリジナル教材や一人一人に合わせたカリキュラムで、一発合格を目指します。

  • 資格対策コース
  • 資格試験お申込み

Microsoft Office Specialistとは、エクセルやワードなどのofficeスキルが一定の水準に達成していることを証明するもので、マイクロソフトから認定されたIT資格です。マイクロソフトオフィススペシャリストは人事担当者からも人気があり、MOS取得を多くの会社が推奨しています。

ページトップ