年齢や体調と相談してセカンドキャリアを考える

最終更新日

ナイトワーカーとして自信をもって活動する女性は輝いていますが、年齢や体調などがどんどん変わっていくことを考慮すれば、セカンドキャリアについてもなるべく早めに考えていきたいところです。

もちろん働く環境を変えるなどしてナイトワークを本気で頑張っていくのも良いのですが、そこまでナイトワークにこだわりがないという場合には、ナイトワーカーを引退した後のセカンドキャリアとして昼職へ転向することも視野に入れていくのが良いと思います。

■年齢や体調に限界を感じたらセカンドキャリアを考えよう
ナイトワーカーとして働く女性には、若い年齢の女性が多いですよね。といっても働きはじめたときは若くても、何年も働いていれば当然年齢を重ねていくことになりますし、その頃にはまた新人もたくさん増えているはず。

アラサーともなれば、「自分はこのままやっていけるのか」とふと考える方も多いかと思います。

結論から言えば、若さはそこまで絶対的な要素というわけではありません。若さ以外の魅力があればお客さんもついてきてくれますし、きちんと稼ぐことも充分可能です。キャストの年齢層が高い他のお店へ移って働くのもいいですね。

ただ、年齢を重ねると体調的にも厳しくなってくる部分があります。自身の限界を感じたら、セカンドキャリアとして昼職など全く別業界に転職することも考えていきましょう。

パソコンスキルでお困りのことがあればこちらから
キュリオステーション宇都宮店